資格を取ったならネイリスト求人からチャレンジ

  1. ホーム
  2. 見極めが可能

見極めが可能

男の人

しっかりと選べる

正社員になれるチャンスは何回もあるわけではありません。その中でどのようにしてチャンスを逃さず、活かせるのかが重要です。正社員に最もなりやすいタイミングとなるのが学校を卒業して社会人になる際です。新卒を募集している企業から内定を得ることができれば、正社員として社会人のスタートを切ることができます。また、非正規雇用でも転職によって正社員になれる可能性はあります。さらに、紹介予定派遣として数か月は派遣で勤務し、その後正社員に昇格できる雇用形態もあるので、新卒で働き始める時だけがチャンスというわけではないです。紹介予定派遣で雇用された場合に派遣で働く期間では、仕事をする中で見極めが可能となっています。就業先企業の規模や職場の雰囲気、仕事、同僚など様々な部分を見ることができるので、正社員として働くのに適している企業かどうかをしっかりと選べます。最長で6か月間は派遣として勤務し、その後は本人と派遣先企業の両方が合意すれば晴れて正社員として働けるようになります。あくまでも最長で6カ月なので、両方が合意すれば3か月や4カ月でも紹介予定派遣から正社員に昇格できます。ただし、簡単に紹介予定派遣で勤務できるわけではありません。紹介予定派遣で人材を雇う企業は、将来的に正社員で勤務する人材を雇っていることになるため、選考はかなり慎重に行っています。そのため、紹介予定派遣から正社員を目指す場合は、選考でのアピールと派遣で働く中で仕事面でのアピールが必要です。